痛みの少ない治療に力を入れる新大阪・西中島南方の歯医者さん

〒532-0013  大阪市淀川区木川西4-2-2 オークヒルズ1F
御堂筋線「西中島南方駅」より徒歩10分、
御堂筋線「新大阪駅」・阪急「南方駅」「十三駅」より各徒歩12分

診療時間
9:30~13:00 ×
14:30~19:30 × ×

△:9:30~14:00/休診日:日曜・祝日

ご予約・お問い合わせはこちらへ

06-6390-4618

PPK

PPK – アクティブシニアの方へ

ピンピンコロリとは、病気に苦しむことなく、元気に長生きし、病まずにコロリと死のうという意味の標語。略してPPKとも言います。

1980年、長野県下伊那郡高森町で、北沢豊治が健康長寿体操を考案。1983年、日本体育学会に「ピンピンコロリ (PPK) 運動について」と題し発表したのが始まり。長野県は男性の平均寿命が1位をキープしていることもあいまって、この運動の普及に力を入れている。2003年には県内でも有数の長寿を誇る佐久市に「ぴんころ地蔵」が建立されています。

将来もし、自分が寝たきりになってしまったら、周囲に迷惑をかけて、自分も歯痒くて、そうやって10年生きていたとしても…たぶん誰も笑顔で幸せとは言えないのではないでしょうか。

歯周病になると、口腔内の歯周病菌が血流で心臓に運ばれ、心臓の血管が炎症を起こし、動脈硬化や心臓発作になる可能性があります。歯周病の人の心疾患での死亡率は、健康な人の2~3倍と言われています。

また、食べ物を飲み込む機能が衰えた高齢者が誤って歯周病菌が着いた食べ物を気管支や肺に送り込むことで、誤えん性肺炎を引きおこすことが知られています。

その他、歯周病で歯が抜けて食べ物が噛めなくなると脚力やバランス能力などの運動機能が低下したり、食事が進まず健康を害することもあります。

たかが「歯の病気」という考えをあらためて、かかりつけ歯科医を持ち、定期健診によって歯の病気の予防と早期発見・早期治療に努めることは大切です。