痛みの少ない治療に力を入れる新大阪・西中島南方の歯医者さん

〒532-0013  大阪市淀川区木川西4-2-2 オークヒルズ1F
御堂筋線「西中島南方駅」より徒歩10分、
御堂筋線「新大阪駅」・阪急「南方駅」「十三駅」より各徒歩12分

診療時間
9:30~13:00 ×
14:30~19:30 × ×

△:9:30~14:00/休診日:日曜・祝日

ご予約・お問い合わせはこちらへ

06-6390-4618

MFT – 小児の方へ

MFTとは

MFTとは「口腔筋機能療法」のことです。歯並びや咬み合わせの形成には、遺伝だけでなく幼少期の生活習慣や癖なども大きな影響を及ぼしています。

舌突出癖や指しゃぶりが開咬や上顎前突を招くほか、アレルギー性鼻炎などによる口呼吸の習慣が、お口周りの筋肉の弛緩につながることもあります。

口腔筋機能療法(MFT)は、こうした後天的な筋肉の不調和を舌や口唇、頬などの口腔顔面筋のトレーニングをとおして整えていく療法です。咀嚼時、嚥下時、発音時、安静時の舌や唇の位置の改善、および呼吸をはじめとした口腔機能の改善効果が期待できるだけでなく、全身の健全な発育の基礎になります。

また、お口ポカンなど他の悪習癖も除去していきます。

「あいうべ」体操のすすめ

口呼吸がもたらす最大の弊害は、咽頭リンパ組織の乱れや鼻粘膜などの萎縮、口腔内雑菌の繁殖によって引き起こされる免疫異常です。

私は「リウマチの患者さんは口臭が強い。しかも炎症がひどくなるほど強くなる」という発見から、口呼吸の健康被害に注目しました。口呼吸によって口腔内に雑菌が繁殖しやすくなると、当然、口臭も強くなる。それと同時に、免疫系の働きも大きく阻害されるので、炎症も悪化していくと考えられます。

口呼吸の改善は、あらゆる病気の原因治療につながります。そのため、「あいうべ体操」をしっかり継続している人は、自然に鼻で呼吸ができるようになり、症状もおもしろいように改善していきます。

私の顔で恥ずかしいのですが、「あいうべ体操」をやってみました。写真は小さくしました(汗。人目に付かないところで大げさにやると効果抜群です。